• 1 大瀬橋
    栃木県芳賀郡茂木町
  • 2 K峰峠
    東京都あきる野市K峰峠
  • 3 白旗塚
    埼玉県所沢市北野
  • 4 東池袋中央公園
    東京都豊島区
  • 5 八王子城跡
    東京都八王子市
  • 6 はねたき橋
    群馬県みどり市大間々
  • 7 佐倉城跡
    千葉県佐倉市
  • 8 緑山峠
    神奈川県青葉区
  • 9 笠間トンネル
    茨城県笠間市

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Tokyo-Power on --.--

震災から1週間

Category : 雑記
震災から1週間が経過しました。

我々が住む関東では、計画停電により時として不便な生活が続いています。
しかし震源地周辺では、我々の不便とは比にならない程の、辛い辛い1週間であったと思います。

「私に出来ることは何か?」

そんな事を、震災以降に常に…とまでは言いませんが、頻繁に考えています。
前回には「祈ることしか出来ない」と書きましたが、それ以外でも出来ることはあると考え、まずは“募金”をするようになりました。

我が家庭は、ちょくちょくブログにも書いていましたが貧乏でして、今までは募金に対して、どちらかと言えば

「ウチに支援して欲しいくらいだよぉ~」

といった具合でした。
しかし、さすがに今回の震災においては、そんな事は言ってられません。
それに、例えばコンビニで買い物をしてても、私以外のお客様も募金する姿をよく見かけます。

みんな同じ気持ちなんだなぁ…

なんて思います。

今日はウチの長男の卒業式だったんですよ。中学校の。
午前9時半あたりから始まったのですが、計画停電で電気が止まってしまいましてね…。しかし、それももはや“想定内”といった具合で、何事もなく感動的な卒業式でした。

そこでも募金してましてね。
「多少なりとも」と思い、手持ちの小銭を募金させて頂きました。

結局おカネでしか協力できないのか…

なんて思うと、何だか悲しくもなりますが、集まったおカネが被災地の復興に向けて、有効に活用される事を願うばかりです。

それと、被災地で辛い避難生活を続けている皆様、どうか頑張って下さい。
私の言葉なんて、何のお力にもならないでしょうが、願うものは何より1日も早い復興です。

どうか負けずに頑張って下さい!
スポンサーサイト
Posted by Tokyo-Power on 18.2011   0 comments   0 trackback

東北地方太平洋沖地震について

Category : 雑記
平成23年3月11日に発生しました、三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなられました方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

路地裏:Tokyo-Power




今回の地震では、私の住む東京町田市も、今までに経験のない揺れを感じました。
揺れ始めた当初は

「めまいかな???」

「いよいよをもって身体にガタが来たかな???」

なんて思ったのですが、程なくして揺れているのは地面だと気付き、以降はパニックになりそうな心を落ち着かせつつ、揺れが止まるのを待ちました。
揺れが落ち着いた時には既に周囲は停電となり、仕事の継続は不可能。とにもかくにも家族の安否が気になり帰宅することにしました。

信号は完全にダウンし、車の走行も緊張しましたが、その緊張に追い打ちをかけるかのような大きな余震…。
妻や子供たちの安否が心配で、いてもたってもいられませんでした。

帰宅途中の鶴川駅付近で、偶然にも妻を発見。
クラクションを鳴らし、妻と合流しました。半べそでした。

妻と帰宅し、子供が帰ってくるのを待つ…。
停電なので、TVやらPCによるネットは完全に断たれていました。
携帯電話によるネット接続も無理。
なので、ラジオでの情報収集となってしまったのですが、震源地やら何やらの情報はなかなか伝えられず、聞こえてきたのは津波の警告でした。
海から離れた地域に住むとはいえ、付近には鶴見川が流れており、子供たちの安否が更に心配に…。

しかし程なくして、まずは下の娘が帰宅。しばらくたって長男も帰宅しました。
とりあえず我が家の面々は大丈夫でした。

その後はロウソクの頼りない灯のなか、ラジオにより情報収集していたのですが、常に緊張状態であったためと、電気の復旧を苛立ちながら待つのならば、とりあえず休憩してしまおうという事で、1つの部屋に家族がまとまり、久々に4人で寝ました。

翌日の深夜2時頃でしょうか、神経が高ぶっていたせいか、目が覚めてしまいました。
その時には電気が復旧していましたので、ようやくTVにて情報を収集し、今に見る余りにも悲惨な現状を知りました。

被災された方々、また亡くなられてしまった方々に対する言葉が見つかりません。
何を言っても慰めにもならず、何とも安っぽい言葉にしか聞こえないでしょう事は、十重に承知しております。
それでもなお、この言葉をどうしても伝えたいです

「負けないでください、頑張ってください!」

と…。

いよいよこれから、関東は計画停電に突入します。
不便になるのは間違いないのですが、この対策を心より受け入れます。
被災された方々に比べれば、格段に良い環境にいる我々なのだから、それを苦に感じるよりも先に、被災地の復興を祈る時間に宛がいたいと思います。
悲しいかな、もはや祈るだけしか出来ないのだから、せめてその出来る事を真剣に精いっぱいして行きたいと思っております。
Posted by Tokyo-Power on 14.2011   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

Tokyo-Power

Author:Tokyo-Power
路地裏という「心霊」を扱ったサイトを運営する者です。
場合によっては『 刀鏡 千香良 』と名乗るときもあります。

新刊紹介

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

電子書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。