• 1 大瀬橋
    栃木県芳賀郡茂木町
  • 2 K峰峠
    東京都あきる野市K峰峠
  • 3 白旗塚
    埼玉県所沢市北野
  • 4 東池袋中央公園
    東京都豊島区
  • 5 八王子城跡
    東京都八王子市
  • 6 はねたき橋
    群馬県みどり市大間々
  • 7 佐倉城跡
    千葉県佐倉市
  • 8 緑山峠
    神奈川県青葉区
  • 9 笠間トンネル
    茨城県笠間市

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Tokyo-Power on --.--

5月3日といえば…

Category : 伊藤潤二様
本日5月3日といえば、伊藤潤二様の作品において、非常に有名なキャラクターである

・辻井双一

・辻井双二

・広瀬路菜

の誕生日になりますね。
詳しくは、伊藤潤二様の作品「うめく排水管」の中の「双一の誕生日」にて記載されています。
作品を持っている方はチェックしてみましょう。
作品を持っていない方は…チェックする機会がありましたらチェックしてみて下さい。

余談ですが、この「うめく排水管」には、なかなか強烈な「潤井」というキャラクターが登場します。
かなり強力に“きしょい”キャラなのですが、私が学生の頃の同級生に、この潤井にソックリな人物がいました。
あそこまで女性に積極的な人間ではなかったのですが、風貌は実に近かったです。
潤井を初めて見た瞬間、

「あ!ダイフク(同級生のあだ名)だ!」

と言ってしまった程ですから…(笑)


…ということで、以上余談でした(苦笑)
憂国のラスプーチン第二巻待ち遠しいですね~♪
スポンサーサイト
Posted by Tokyo-Power on 03.2011   0 comments   0 trackback

伊藤潤二の猫日記よん&むー

Category : 伊藤潤二様
いやー待ちに待った伊藤潤二様の新作「伊藤潤二の猫日記よん&むー」が我が家に届きましたよ。で、早速読ませて頂いたのですが、これがまた異様なまでに面白い。深夜に読んだのですが、大声で笑ってしまいまして確実に近所迷惑であったと思います。それだけ個人的に“ツボ”にハマってしまうギャグ満載の、実に素晴らしい作品に仕上がっていました。

ネタバレ的な事は書きたくないのですが、基本的には「猫ネタ」のマンガです。物凄いキャラの強い猫と、その周囲(要するに伊藤潤二様とその家庭)が繰り広げていく物語なのですが、そのエピソードが実に笑えます。また、それらが伊藤潤二様特有のペンタッチと相まって独特のギャグ漫画に仕上がっており、それが大ファンである私には実にタマらないです。「ウ×コネタ」もバッチリ押さえてますしね。(笑)

我が家は嫁と子供2人も伊藤潤二様のファンでして、家族そろって楽しませて頂きました。我が娘などは、さっそく飼っているハムスターに

「こっちは“よん”で、こっちは“むー”ね」

なんて呼んでいました。おいおい影響され過ぎだってば…。
因みにですが、私に伊藤潤二様を教えて下さったのは嫁です。嫁に感謝せねば。

というコトで、久々に腹の底から笑ってしまった作品でした。そういえば思いっ切り笑えたマンガを最近は読んでいなかっただけに、なかなか新鮮な気分になりました。万人受けするかどうかの判断は私には出来ませんが、少なくとも私は久々に大爆笑してしまった作品です。そんな伊藤潤二様の新作「伊藤潤二の猫日記よん&むー」を、皆様も是非チェックしてみましょう。

伊藤潤二の猫日記よん&むー


Posted by Tokyo-Power on 04.2009   2 comments   0 trackback

「屋根裏」再び更新

Category : 伊藤潤二様
時間があったので、伊藤潤二様のサイト「屋根裏」の気になっていた箇所を修正しました。

フレームを排除する方向で進めているのですが、全て修正するのはさすがにキツいので、部分的に修正しました。残りは別の日に修正します。(汗)
ホントは路地裏のフレームページも排除したいのですが、あれだけ膨大なファイル数の全てを変更するには、相当の勇気が必要なので諦めます。(大汗)

あとは作品タイトルの追加にプロフの追加、それから表紙ギャラリーも幾つか追加と…そんな具合です。

あ、そうそう。表紙ギャラリーに掲載している画像なのですが、アレってネットに紛れている画像を拝借してきたように思われがちですが、実は違います。全部私のコレクションをスキャナで取り込んでいるんですよ。だからサイズも何気にマチマチだったりしてね。
そんな私の伊藤潤二様コレクションを、写真に撮りましたので画像をUPしておきます。こうして見ると、物凄い数に見えてきます。

jun_colle
■私の大切なコレクションです。それにしても画面からはみ出してしまっている…(汗)

というコトで、伊藤潤二様の新刊発売を、首を長くしながら待ち続けている私なのでした。発売のニュースを耳にしたら教えて下さい。(笑)
Posted by Tokyo-Power on 06.2009   2 comments   0 trackback

「屋根裏」久々更新

Category : 伊藤潤二様
既にご存じの方もいるかと思いますが、私はホラー漫画家の「伊藤潤二」様が大好きでしてね。んで、私のサイト「路地裏」にて“ちまちま”と紹介していたんですよ。いつ頃だったか、別々のサイトに分けようと考えた時期があり、それが「屋根裏」というサイトになります。なので、サブタイトルに見られる「伊藤潤二世界への扉」というのは、実は路地裏の1コンテンツであった頃の“名残り”なのであります。

というコトで、伊藤潤二様の超非公式なファンサイト「屋根裏」を、これまた超久々に更新しました。といっても、現在購入出来得る作品を見直しただけなのですが、より多くの方々に作品が見られるよう、

「微力ながらお手伝いしようではないか!」

といった具合で更新しました。伊藤潤二様といえば、やはり「富江」が非常に有名なのですが、それ以外にも素晴らしい作品やキャラが多くありますので、屋根裏を是非チェックしてみましょう。因みに作品ページは「書籍紹介ページ」と「電子書籍紹介ページ」にて紹介しています。

それにしても、現在は入手困難といえなくもない作品が、電子書籍にて手に入るのは実に有難いことですね。あとは「うずまき」シリーズが購入可能になると、なお嬉しいのですが。素晴らしい作品なので、紹介出来ないのがツライところです。

あ、そうそう。私のサイトを「路地裏」とか「屋根裏」とかネーミングしていますが、これは完全に伊藤潤二様の作品を参考…というかリスペクトされて付けたんです。路地裏を立ち上げる以前に「Toyko-Power's Horror Site」というサイトを運営しておりましてね。で、もう少しキチッとしたサイトに構築しようと考えた時に、サイト名を変更しようと思いまして、そのネーミングに非常に悩んだんですよ。

そんな時に、私の本棚にある書籍郡のなかの、伊藤潤二様の作品「路地裏」というタイトルに「ガツン」となりましてね。で、「路地裏」となった訳で御座います。しばらくはサブタイトルに「Toyko-Power's Horror Site」と入っていたんですが、もう覚えている人も少ないだろうな…。

また、「屋根裏」もしかりで、路地裏から分離させる際にネーミングに悩み、伊藤潤二様の作品「屋根裏の長い髪」から拝借させて頂いて「屋根裏」となった訳です。敬愛する伊藤潤二様、タイトルを拝借してしまいまして申し訳ございません。罪滅ぼしとして、一生注目し続けますので、どうぞお許し下さい。(大汗)

というコトで、伊藤潤二様の彼是も、これからチマチマと書いてみようかなと思っております。基本的にガチガチのファンなので、良いことばかりしか書きそうにありませんが、共感して下さる方が存在していたのなら嬉しい限りです。
Posted by Tokyo-Power on 02.2009   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

Tokyo-Power

Author:Tokyo-Power
路地裏という「心霊」を扱ったサイトを運営する者です。
場合によっては『 刀鏡 千香良 』と名乗るときもあります。

新刊紹介

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

電子書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。